Make your own free website on Tripod.com

2005年 2月号 Jazz Life誌 New York Report

New York Jazz Witness

NY ジャズ・シーンの”ビッグ・マザー”
コビ・ナリタ(Cobi Narita)女史のジャズ・ライフ

 ニューヨーク・ジャズ・シーンを構成するのはミュージシャンや、ジャズ・クラブだけではない。多くのミュージシャンやその家族をサポートした教会関係者や、ジャズ・コミュニティを支えるヴォランティアの人々も、多大な貢献をしている。1969年からの活発なヴォランティア活動やコンサート・プロデュースで、コミュニティの尊敬を集めている、日系アメリカ人のコビ・ナリタさんのジャズ・ライフを紹介しよう。

 今年の3月で、79歳になるノブコ・コビ・ナリタさんはカリフォルニア出身、1983年から88年まで、ビッグ・ネーム・ミュージシャンが次々と出演した、ヴィレッジの良心的なジャズ・スポット、"ジャズ・センター・オブ・ニューヨーク"のファウンダー、プロデューサー、オーナーとして知られ、90年代も精力的に様々なコンサートをプロデュースして、現在に至っている。
 若い頃からジャズが好きで、1969年にカリフォルニアから、たったひとりで7人の子供を連れてニューヨークにやってきたコビさんは、セントラル・パークでストリート・パフォーマンスをしていたミュージシャンの紹介で、セント・ピータース教会を訪れた。そこで、彼女のニューヨーク・ライフを決定づける人と出会った。ジョン・ガルシア・ゲンセル牧師である。ゲンセル牧師は、56年にマンハッタンの教会に赴任してから、ジャズ・ライヴに通ううちに、当時、必ずしも恵まれた環境にいなかったミュージシャン達の、相談に乗るようになり、1965年以来、セント・ピータース教会で、"Jazz Vespers"というミュージシャンとその家族のための日曜日の夜間ミサを開いた。「ジャズの守護聖人」、「夜の羊の群れを見る羊飼い」と言われ、デューク・エリントン(p)、マイルス・デイヴィス(tp)。セロニアス・モンク(p)ら多くのビッグ・ネームの追悼式を執り行った、ゲンセル牧師は98年に亡くなった。ゲンセル牧師と、ジャズ・コミュニティのヴォランティア活動にすぐに参加したコビさんは、その中核メンバーとして、教会の多くのコンサートをプロデュースし、多くのミュージシャンと交流を深める。
 1974年に、コレクティヴ・ブラック・アーティスト(黒人芸術家集団)のエグゼクティヴ・ディレクターに就任してからは、メジャー・アーティストによるビッグバンドのツアー、ワーク・ショップのプロデュース、楽譜のライヴラリーの構築、マンスリー・ニュース・レターの発行と、さらに2年半の間、精力的に活動した。その後、奨学金を得て、ボストンのマサチューセッツ工科大のコミュニティ活動家のコースを1年履修し、1976年、満を持して、現在に続く、自らのノン・プロフィット団体、ユニバーサル・ジャズ・コリションを設立したのであった。
 
 コビさんのキャリアの中には、きら星のごとくジャズ・ジャイアンツがちりばめられている。プロデュースしたコンサートも、ディジー・ガレスビー(tp)のブルックリン・カレッジでの70歳バースデイ・コンサート、アビー・リンカーン(vo)や、ベニー・ゴルソン(ts)、メルバ・リストン(tb,arr)のニューヨーク帰還コンサート、マックス・ローチ(ds)のジャズとクラッシック・プレイヤーが共演するダブル・クァルテットのプレミア公演と、枚挙のいとまがない。1978年から14回に渡ったニューヨーク・ウィメンズ、ジャズ・フェスティヴァルや、1984年から9回催かれたアジアン・アメリカン・ジャズ・フェスティヴァルも、コビさんならではの好企画である。83年から、長年のパートナーで現在のご主人でもある、楽器チェーン店、サム・アッシュのオーナーの、ポール・アッシュ氏と始めた、ジャズ・センター・オブ・ニューヨークでは、5年間に5,000以上のグループのパフォーマンスを聴かせてくれた。
 すでに、多くのアメリカのオーガニゼーションや、日本政府からも、長年のコミュニティ&カルチュアル活動の顕彰を受けているコビさんだが、この日は、自らのホーム・グラウンドであるセイント・ピータース教会のロビーで、NYのミュージシャン・コミュニティのノン・プロフィット団体の1つである"Y'All of New York, Inc."が、長年のジャズ・コミュニティへの貢献と功績を称えて、記念の盾を授与した。コビさんを母のように慕う、ジェイムス・ジャボ・ウェア(arr,cond)が、Me, We & Them オーケストラを率いて、受賞記念演奏をする。ゲストのマル・ウォルドロン(p)の忘れ形見マラ・ウォルドロンが、ソウルフルなヴォーカルで、ヒルトン・ルイーズがリズミックなピアノで、花を添えた。多くの人々の祝福を浴びて、NYジャズ・シーンのビッグ・マザーは、自分をサポートしてくれたコミュニティの人々に、感謝を捧げたた。コビさんの御健康と、今後のさらなる活躍を期待したい。(10/29/2004 於St. Peter's Church, NYC)

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

  1. Cobi with the great singer Abbey Lincoln in photo taken at Miller
    Theatre, Columbia University, by Adonica, at Abbey's concert, presented
    by Cobi.
  2. Cobi with piano legend Barry Harris in photo taken by Frank Owens, a
    legendary pianist in his own right, June 1998.
  3. Cobi with trumpet legend Clark Terry, a friend for over 30 years,
    in a photo taken 2003 at Saint Peter's Church by Frederic S Sater.
  4. Cobi with vibes great Milt Jackson, at the Blue Note, at his
    birthday party January 1998, in a photo taken by Paul J. Ash. Cobi took
    many photos of the party and made a souvenir album for her friend of
    over 30 years.
  5. Cobi with Doris Parker (Mrs Charlie Parker) and Nellie Monk (Mrs.
    Thelonious Monk), in a photo taken by jazz photographer and friend,
    Norm Harris, August 1997,
  6. Cobi with trumpet legend Jon Faddis, January 1998 at the Blue Note. Photo taken by
    Paul J. Ash.
  7. Cobi with jazz legend Junior Mance in a photo taken at Saint
    Peter's Church by Frederic S. Sater, in March 1999, at one of Cobi's
    annual birthday parties.
  8. Cobi with the legendary Lionel Hampton and trombone great Al Grey
    in a photo taken May 1995. Both supported her work and showed up at
    many of her events.

関連ウェッブサイト